最前線のテレビ会議!活用術☆

テレビ会議に本当に必要なものを理解しておく

会議をするときにも現地集合にするかテレビ会議にするかによって費用は異なります。集まって意見を言う方法もありますがコストがかかります。そのかわりに出てきたのがテレビ会議です。インターネットを介して、カメラを設置して動画と音声を実際に見ながら会議ができます。

テレビ会議をするときには、費用対効果をはっきりとさせておきましょう。いくつかのツールを比較することが大切です。参加する人数によって料金が異なるシステムもありますが、無料のものもあります。無料のものだと処理に時間がかかり、動画が動かなかったり、止まることも多いので進行に影響を与えることもあります。

ある程度の品質を持っているものでないと、会議の質が落ちることにあります。最低限の条件として、動画がスムーズに動き音声の遅延がない物を選択しましょう。この二つのクオリティを比較してみるといいでしょう。有料の場合にはプランによって料金が変わるので、費用も比較の対象として検討しましょう。

FreshVoice

FreshVoiceのシステムを導入すると、企業にあったテレビ会議のプランを利用できるためにコストを削減しながら運用できます。パソコンが最低限用意できれば遠隔地との交流もしやすいですし、音声や画像での通信サービスの提供からサポートも任せられるためセキュリティ面でも安心して利用できます。

FreshVoiceのサービスを使ってテレビ会議を行うと、離れた場所の支店や営業所等の拠点同士で出かけることなくインターネットを使って打ち合わせが行えます。研修やセミナーでもその場で使えるでしょう。社員の自宅からテレワークで仕事に参加もできるので、介護や育児などでの離職者を出すこともありません。

テレビ会議のシステムを導入すると、出先からでも帰社することなく打ち合わせに参加できます。出張先にいる場合や営業活動に出ている場合でも出先から行えます。日程の調整もしやすくなるでしょう。

LiveOn

各企業では会議を行うでしょうが、地方の営業所の社員に本社に来てもらうとなるとコストがかかります。LiveOnのテレビ会議システムは、それぞれの勤務地に居ながら会議ができます。高品質の音と画像で会議もスムーズに行えます。

企業内で重要な会議を行うとき、その情報が漏洩したとなると大変なことになります。LiveOnでテレビ会議をする時は通信を使ってやり取りを行います。信号のやり取りがセキュアになっているので、情報漏洩の心配がありません。

一般的な会議なら人が集まればできます。ネットワークを利用するとなると面倒なイメージがあります。LiveOnを使ったテレビ会議は面倒な設定などは必要ありません。ブラウザを各パソコンで立ち上げれば会議がスタートできます。

大塚商会

大塚商会のテレビ会議システムは、テレビの画面をネットを通じて繋げる仕組みです。これを採用することで、支社に出張をしなくても会議をすることができます。そのため、交通費や宿泊費等を削減することができて、移動時間の無駄も省けます。出張を省くことで、より効率的に経営することができます。

テレビ会議を採用することで、離れた部署との連絡を高めることができます。生産現場では、設計と製造部でのコミュニケーションを深めることができます。それにより意思統一を図ることで、不具合の発生を防ぐことができます。会議に出られない人を減らすこともできます。

大塚商会のテレビ会議システムは、20年以上の実績があり、その経験が信頼できます。過去に3000社以上の企業に納入した実績があり、様々なケースに対応することができます。そのため安心してテレビ会議システムを任せられます。

V-CUBE

V-CUBEはインターネットを利用したテレビ会議ができるようさまざまなサービスを低価格で提供しています。生産性を上げたりセミナーを実施することができるようになり、ペーパーレス化にも繋がるでしょう。働き方を改革することができるラインナップが揃っています。

ウェブ会議用「V-CUBEミーティング」はパソコンやモバイルなどのさまざまな環境で使うことができます。高い接続性を持つクラウドタイプサービスで、最新・最高レベルの映像を利用することができます。高画質で高音質な安定した接続性を誇り、ストレスを感じずに操作することができるでしょう。

「ミライスピーカー」はV-CUBEサービスで利用することができ、難聴者をサポートすることが可能です。声に非常に特化したスピーカーで、インターネット会議やセミナーなどで配信される音も聴こえやすく配信することができます。広い会議室や会場において設置することでより聞き取りやすくなるでしょう。

ミーティングプラザ

ミーティングプラザはテレビ会議における様々な用途に応じて対応しています。音声は、クリアで音切れの心配もありませんし、豊富な機能も充実しているということもあり、オプションで商品を追加することなく安心して使えます。

システムは常にインターネット回線を利用しています。サービスは月額9000円から使うことができて、日本だけではなく、世界中の人々と会話をすることが可能なので、フローバル性があって、利用する頻度が増えます。

テレビやタブレット端末に接続をすれば、音声もクリアになりますし、遠隔操作も充実しているということもあり、不慣れな参加者でも快適なテレビ会議を実現させることができます。

リコー

リコーのテレビ会議システムは非常に簡単な操作で、どなたにもご利用いただける便利なツールとして評判です。インターネット回線がなくても、専用環境で簡単に接続する事ができ、パソコンからでも、携帯電話やタブレット、または他のメーカーの会議システムを利用している方との接続も簡単にできて、どこからでもアクセス可能というのがよい点です。

リコーのテレビ会議システムを導入すると、これまでは出張して会議していた手間が省けます。さらに出張にかかっていた経費やそれらに費やす時間も節約になりますから、テレビ会議システムの導入は便利なだけでなく、コストセービングの観点からも多いに意味のある事です。

リコーのテレビ会議システムなら、参加者が大会議室に一堂に集まって会議に参加する、という事もなく、それぞれの参加者が自分のデスクや出先から、会議に参加することができるので、非常に便利です。さらに嬉しいのが高画質で音声もクリアなサウンドですから、会議に参加していて疲れる、という事がありません。

テレビ会議で納得の結果を出すためにも

遠く離れた会社どうしても、連携力を高めることができるテレビ会議のシステムは、本当に優れた画期的システムだといえます。これから会社に導入したいと感じているなら、まずは優秀で信頼できる業者に声をかけるようにしましょう。テレビ会議のシステム構築をしっかりと理解していて、メンテナンスフォローなども行ってくれるような、良心的な業者を選ぶとかなり安心できます。ただ、優秀で信頼できるとされる業者に声をかけるべきではあるものの、高額な金額を請求される可能性もあるはずです。まずはどのようなものなのかを確かめたいと言うのであれば、無料アプリケーションを利用するのも悪くないでしょう。気軽に利用できますし、インターネット回線を通した通話と言うものがどのようなフィーリングなのかを確かめことができます。

特に最近は、インターネットが中心の時代となり、パソコンだけではなくスマートフォンにも注目が集まるようになってきました。スマートフォンでも、簡単に離れた人や会社と一緒にミーティングが出来るようなアプリケーションが揃ってきています。スマートフォンを会社の人たちに持たせているような企業も、珍しくないです。そうすることによって、時間と場所に縛られず、必要なときにすぐにでもミーティングに参加できるようになります。テレビ会議のシステムをパーフェクトに構築すれば、会社員全員の連携力を高めて、モチベーションも高められるようになるでしょう。お互いの様子を見ることができるので、プレゼンテーションにも使うことができます。本当に幅広い使い方が可能なので、ITソリューションが中心となっている今の世の中、テレビ会議システムを導入しないのはもったいないです。

どのようなアプリケーションや業者に声をかければ良いのかがわからないと言う場合、実際に試してみるのが1番ですが、無難に行くなら経験者の話に耳を傾けるのが簡単です。口コミ情報サイトや、ネット上の人気ランキングサイトなどを利用すると、割と分かりやすい答えが見つかります。実際に利用したことがあると言う人の体験談は、最も大きな参考材料になってくれるでしょう。今流行している無料の通話アプリなどがどのようなものなのかもわかります。この辺はインターネットが主流となっている今の時代では必須の情報なので、必ずチェックしておきたいところです。テレビ会議を導入するにあたって、モニター等が必要になることもあります。専用の機器はそれなりに高額な金額になるので、無理せず予算内で購入できるものなのかどうか、見極めてから手に入れるようにしましょう。

先頭に戻る